チマコッピを目指して

北摂を中心にのんびりサイクリング。まだロードに乗って1年ですが、どっぷりハマってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

スタジオジブリ レイアウト展

お盆休みの最終日の16日に天保山にあるサントリーミュージアムで開催されている、
「スタジオジブリ・レイアウト展」に行ってきました。
サントリー
横の海遊館の広場では大道芸人がショーをおこなっていました。

建物の中に入ると早速、
ポニョ
でかいポニョのレイアウトが(^^)

レイアウトとは、
一枚の紙に、背景とキャラクターの位置関係、動きの指示、カメラワークの有無やそのスピード、撮影処理など、
そのカットで表現される全てが描かれた映画の設計図とも言えるものです。分業化が進んだ現在のアニメーション制作において、
作品の統一感を持たせる上で重要な役割を果たしています。このレイアウトの行程は、
1974年に「アルプスの少女ハイジ」(ズイヨー制作)で高畑・宮崎両監督が初めて本格的に導入したシステムだと言われています。
~HPから~
ghibli_work.jpg

僕はジブリの映画全てを観たわけでもなく、そこまで思い入れもないのですが、
レイアウトの完成度の高さに圧倒されました。

ジブリが好きな人ならこの展示会は絶対に観に行った方が良いと思います。
ジブリに興味がなくても一つのアートとして観ても損はないと思いました。

観に行かれたら音声解説が500円で聞くことが出来ます。(ペアなら800円)
これもお勧めです。映画に合せた音楽が流れるとともに、「千と千尋の神隠し」の千尋役の声優さんが、そのレイアウトに込められている思い等を説明してくれるので、さらにその世界観を味わえます。

2時間以上、会場にいて外に出たら、ちょうど日暮れでした。
夕焼け
今年のお盆休みはいっぱい自転車にも乗れて、楽しかった。
最後に彼女孝行もできたし(^^)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。