チマコッピを目指して

北摂を中心にのんびりサイクリング。まだロードに乗って1年ですが、どっぷりハマってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

乗鞍マウンテンサイクリング その2

決戦当日。昨日早く寝すぎて夜中2時に目が覚めました(^^)
4時に起きる予定だったので、まだあと2時間も寝れる。

4時に起床すると、「ピチャピチャ」と雨音が・・・
窓に行き外を確認するも、暗くてわからない。
「雨降ってる・・・最悪や」と思いながら、外に確認に。
朝
どうやら夜間に雨が降っていたようで、屋根から雨水が落ちる音がきこえていたみたいです。
ただ、いつ降りだしてもおかしくない空模様。

朝食の時間が6時からなので、ローラー台でアップしようかと思ったのですが、
5時からアップをしても、僕のクラスのスタートが8時7分なので、それまでに体は冷えてしまうだろうと判断し、
チェックアウトの時間もあるのでバスに荷物を運ぶなどをして朝食までの時間を過ごすことに。
7時までに山頂で受け取る荷物を預けないといけないため、さくっと朝食を済ませてスタート地点に向かうことにしました。
朝食が旨く、少し食べすぎてしまいました(^^)

スタート地点に到着すると、すでに大勢の人が・・・
スタート前
荷物預けるために列が出来ています。ただ、伊吹山のレースのようにスタッフに荷物を預けるのではなく、自分で荷物をバスに載せます。

スタート場所を確保しようとチームのメンバーよりも早く待機場所に向かいましたが、もうすでにいっぱい・・・
スタート前2
先頭の人は何時から並んでんだ。
ここでデジカメもバスの荷物に入れたため、レース中の写真はありません。

スタート地点もガスっており、気温も低い。
ここで1時間以上も待っていても体が冷えるだけなので、スタート地点から宿泊場所の休暇村まで2.6kmを
アップもかねて登ることに。
心拍も上げることが出来、よいアップになりました。

スタート地点に帰り、チームのメンバーを見つけスタートまで待つことに。
いよいよチャンピオンクラスがスタートし、レースが開始されました。

先にスタートするメンバーを見送り、いよいよ8時になりました。
僕のカテゴリーは500人近くがエントリーしており、2つのグループに分かれています。

最後尾に入り、スタートを待ちます。
「3・2・1・スタート!」の合図があっても、人数が多すぎて中々スタートできません・・・
「あー先頭はあんな先に行っちゃった・・・」と見送りながら、やっとスタート。
集団の右端から追い抜いていきますが、結構スピードが速い。
と思っていたら、少し傾斜がでてくるとすぐにスピードは落ちました。

今回の目標は1時間30分を切り、1時間20分台でゴールすること!
そのためには7km地点の第1チェックポイントを30分で通過し、15km地点の第2チェックポイントを60分で通過、残り5kmを
30分以内で走るという風に考えていました。

宿泊地の休暇村の手前まで若干傾斜がきつい箇所があるが、まだまだ全然余裕。
休暇村前はほぼ平坦なのでアウターで。
休暇村を過ぎてからは緩い傾斜が続きます。ここからインナーで19Tから23Tを使い走ります。
「この傾斜は110号線の傾斜に似てるな。」と思いながら、集団を追い越しながら第1チェックポイントを目指します。
第1チェックポイントまではきつい傾斜もなく、気がつくと第1チェックポイントに。
タイムを確認すると、なんと23分でした。
「ちょっと、速すぎるぞ・・・こんなペースだったら1時間20分切っちゃうぞ。」と甘い考えが。

第1チェックポイントで水を貰ったのですが、焦って飲んだため思いっきりむせました。
第1チェックポイントから第2チェックポイントまでに一番傾斜がきつい箇所があります。
傾斜がきつくなるにつれて、スピードがどんどん落ちていきます。
「あー、やっぱり甘くはないな」と思いながら、ヘアピンをクリアしていきます。
「これぐらいの傾斜なら天狗さんの方がきついぞ」と自分を励ましながら。
去年はヘアピンのアウト側の傾斜の緩い箇所を走りましたが、集団で混んでいるので、
センターからインよりをダンシングでクリアしていきました。
しかし、思った以上にスピードが出せずタイムを確認すると、目標にしていた60分が近づいてきているのに第2チェックポイントに中々着かない。
第2チェックポイントまで残り2km地点にある冷泉小屋の横を通り過ぎ、「まだ2kmもあるのか・・・」とかなり焦り始め、
やっと第2チェックポイントに到着し、タイムを確認すると61分。
1分オーバーです。
さぁ、ここからが本番です。
去年は第2チェックポイントの手前ですでに両足攣り、ヘロヘロでしたが今年はまだまだ走れます。

第2チェックポイントまでが一番傾斜がきついと思っていたのに、第2チェックポイントを過ぎてもきつい斜度が続きます。
こんなスピードじゃ30分切れない。
そんな時にスタッフのおじさんが「ここが最後のきつい箇所だから頑張れ!」の声が。この声は励みになりました。
なんとか最後のヘアピンをクリアし、残りはゴールに向かっての直線です。
ゴール付近どころか30m先もガスで見えない状況。すでに1時間20分は経過してしまっている。
「やはり1時20分台は無理なのか・・・」
当初の予定では残り3kmからラストスパートと思っていましたが、ちょっと無謀と思い、残り1kmからスパートすることに変更。
残り1kmで21Tにし、残り500m、残り400m、残り300mの看板を過ぎてから19Tにシフトチェンジし、気合のダンシング!
すでにゴールをし、下山待ちをしている方たちから「頑張れ!もうちょっと!」の声。
残り100mを過ぎ、左にカーブしゴール地点に突っ込むと、「げげっ、ゴール前渋滞している!」
スピードを落としゴールラインを通過。

手元のタイムで1時間28分01秒。
なんとか、20分台でゴール。

ゴール地点はスタート地点同様大混雑。
ゴール
荷物を取りに行くだけでも大変。

ゴール地点は汗をかいた体にはめっちゃ寒いです。
着替えをし、下山。
下山
下山するにも大渋滞。

ゴール地点もガスがひどい。
ガス
一瞬ガスが晴れた瞬間に。

下山もガスがひどいため、ゆっくりと。
ガス2
あっという間に人が消えていきます。

登りの20kmも長いですが、下りの20kmも長い!
第1チェックポイントで寒さと握力を回復させるために休憩。
帰宅
下山したころには天候は回復。ただ、山頂付近はまだガスっていました。

目標にしていた乗鞍マウンテンサイクリングは終了しました。
なんとか1時間30分は切りましたが、まだまだです。
1時間30分を切ったら、もっと嬉しいかと思っていましたが、
嬉しさよりも悔しい気持ちの方が勝っていました。
もっと出来たのではと。。。

ただ、去年はただただ苦しく気がつけばゴールしていましたが、
今年はゴールに向かっていけたことと、何度か諦めそうになったのを
諦めずに踏めたことが収穫だと思います。

諦めそうになった時、これに救われました。
トップチューブ

走行時間:1時間28分01秒(手元) 走行距離:20km
平均心拍:179 最高心拍:188 平均速度:13km

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

うん…

上出来じゃない?でもave13km/hっておかしくない?もうちょっと速い思うけどさ?でも、来年は間違いなく10分台後半でしょうな?

それにしても平均心拍179はすごいねぇ?
僕なら163が限界かな?この辺が若さだよね…実にうらやましい^^

Choko | URL | 2009-09-02(Wed)11:36 [編集]


こんばんは!

サイコンが今手元にないので、戻ってきたらave確認してみます。

来年は10分台を目指して、今から頑張ります。
20分台を出せば満足して、自転車に乗るモチベーションが下がるかと思っていましたが、
全くそんなことはなさそうです(^^)

来年の目標が決まりました。

心拍が高くても、Chokoさんのように速く走れません・・・

ken | URL | 2009-09-02(Wed)22:17 [編集]


もうすでに…

山じゃもう僕を超えてるよ^^
僕らの運動能力は右肩下がりだけど、Kenさんたちはこれからさ。

あたりまえだけど、レースはね、負けると悔しいじゃない?
悔しいから頑張る→自己記録出す→勝ちたくなる→でも根性だけでは勝てないからまた負ける→更に頑張る→少しだけ上が見えてくる→限界まで頑張る…この連続だよね?更に上を目指して頑張ってください。
もうすでに今年4勝目のhaikala君のブログも参考になりますよ。
http://blog.haikala-design.com/

Choko | URL | 2009-09-03(Thu)14:41 [編集]


いつもありがとうございます。

Chokoさんのおっしゃる通りのサイクルに入っています。
もっともっと速くなりたいと。
乗鞍を走って、皆が限界を超えようとしていることを感じました。
僕も今の限界を超えたいと思いました。

haikalaさんのブログ、拝見しました。
練習量が凄すぎです。。。
乗鞍が終わってもう舞洲錬されているんですね。
それに比べたら僕は・・・

それにしてもChokoさんのお仲間の方はすごい人だらけです。

そういえば、乗鞍前に妙見の山頂で出会った方がtubiの方で、仲間が
伊吹山、富士、大台ケ原で優勝していると言っておられましたが、
haikalaさんのことだったのですね。

ken | URL | 2009-09-03(Thu)22:49 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。